ようこそ、東京下町へ

2016年5月22日

<徳川家康が作った江戸。東京下町を歩こう>

1600年頃の江戸は、海や低湿地ばかりで、江戸城の前は海だった。
家康は江戸城を中心に堀を開削し、海を埋め立て台地を作り、道を整備した。誰もやらない街づくりを開始した。

●世界最大級、エコシティだった江戸
1837年、江戸の人口は128万人ですでに世界最大級都市になっていた。ゴミひとつ落ちていないきれいな都市で、人々が何でも大事に修理して使い続ける風習だった。

●江戸から東京へ
徳川の時代が終わり明治へ。この時江戸城は、天皇の皇居(住まい)として開城した。徳川の作った道、川、水道もそのまま引き継がれた。さあ、東京を散策しましょう!

●下町の上手な歩き方
下町で人気の6地区を紹介。それぞれの所要は2~3時間を想定しています。

「東京下町 2日間コース」

1日目:「A.上野・御徒町」→「B.浅草・かっぱ橋」→「C.本所・押上」
上野駅から東京スカイツリーの押上駅までは直線距離で約4km。ここに世界を代表する観光名所が並びます。地図を参考に歩いてください

2日目:「D.秋葉原・御茶ノ水・神田」→「E.日本橋・東京」→「F.銀座・築地」
世界の電気街の秋葉原駅から東京の台所の築地駅まで直線距離で約4km。ここに東京を代表する観光名所がぎっしり。地図を参考に歩いてください。